• ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
本社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-14-16 銀座アビタシオン1階 
TEL:03-3546-7356 FAX:03-3546-7357
​ニューヨーク支店:521 W 26TH ST NEW YORK, NY 10001 
TEL:917-409-0699
© 2019 ART JAPAN

​東郷青児

1/5

​売却・査定・お見積り

ご検討の方は、高価買取で実績のある靖山画廊へご相談ください。

​ 夢見るような甘い女性像が人気を博し、昭和の美人画家として戦後一世を風靡した東郷青児は、どの作品も高額で取引される傾向にあります。

先ずは、お売りになる前に顧客満足度が高く「査定・買取」で実績のある靖山画廊にご相談下さい。

​売却に関する

お問い合わせは

様々なご相談

お問い合わせは

東郷 青児(とうごう せいじ)

 

<1897年>

 鹿児島市に生まれる。幼少時に一家は東京に転居。

<1914年>

 青山学院中等部を卒業。

 青児の名前の由来はここからきていると言われている。

<1915年>

 山田耕筰の東京フィルハーモニー赤坂研究所の一室で制作。       

 日比谷美術館で初個展、このころ有島生馬を知り、以後師事。

<1916年>

 第3回二科展に出品した『パラソルをさせる女』により二科賞を受賞。

<1921年~1928年>

 フランスに留学。リヨン美術学校に学ぶ。この頃の作品には、ピカソらの影響が見られる。

<1928年>

 第15回二科展に留学中に描いた作品23点を出品、

 第1回昭和洋画奨励賞を受賞。

<1930年>

 ジャン・コクトーの『恐るべき子供たち』を翻訳、白水社より刊行。

<1931年>

 二科会入会。

<1938年>

 二科会に「九室会」が結成され、藤田嗣治と共に顧問になる。

<1957年>

 岡本太郎と共に日活映画『誘惑』に特別出演(西郷赤児役)。

 日本芸術院賞受賞。

<1960年>

 日本芸術院入会。

<1961年>

 二科会会長に就任。

<1969年>

 フランス政府よりオフィシェ・ドルドル・デ・ザール・エ・レット(文芸勲章)を授与される。

<1976年>

 東京・西新宿に東郷青児美術館(現在の損保ジャパン東郷青児美術館)が開設。

 勲二等旭日重光章授与。

<1978年>

 4月25日、旅行で訪れていた熊本市にて死去。没後、文化功労者、正四位追贈。