緊急企画!

バンクシー特集Pest Control付) ~皆様のご要望にお応えして~

2020-06-23 (8).png
ジャン=ミッシェル・バスキアの版画を買う。限定シルクスクリーンを購入する。

 

<美術品・絵画を投資として考える>

 国際貧困支援NGO「オックスファム」によると「世界のトップ62人の大富豪が、全人類の下位半分、すなわち36億人と同額の資産を持っている」という報告がある。その大富豪達が資産運用する際のキーワードとして「絵画」「希少性」「グローバル価値」があります。

「希少性」

なかなか入手出来ない、絶対数が圧倒的に少ない「資産価値のある商品」に目をつける。

「美術品・絵画」

資産として「美術品・絵画」は、市場で多くの人が価値を認めるもので、総じて価値が下がらない傾向にある。

価値のある絵画なら、投資をしても最も失敗の少ないものの1つとして、大富豪の間では古くから関心がもたれている。

「グローバル価値」

国内だけでしか価値のない資産だけでは、リスクが大きいと考えている。

海外不動産や外国の債券といった海外の投資商品を持つことで、資産のリスク分散を図っていまる。

 大富豪は資産を「増やす」ことより「減らさない」ことにが目的であり、結果的にはいずれもリスクを抑えてリターンを大きくするための手段として、美術品・絵画を収集しているのです。

そういった中で「バスキア」「バンクシー」などは、希少性が高く、グローバル価値のある絵画と言えるのではないでしょうか。

Thinking of Art as your investment vehicle

The world top 62 people own the 3.6 billion people who make up the poorest half of humanity, according to Oxfam (International NGO).

When those people talking about investment vehicle, there is alway the key ward of Art, scarcity value and global value.

Art

In the market, art is seen as an asset, so the valve dose’t relatively depreciate.

Art has drawn interest from the rich as one of the investment vehicle which has a small risk, traditionally.

Scarcity Value

the limited numbered, unobtainable and valuable products draw attention.

Global Value

Nationally famous or valuable assets have a risk

Broad investment vehicle, e.g foreign real estate or bonds, can lessen the risks

the aim of those rich is not to reduce the total assets. So they don’t invest their own money on something they don’t know.

However, art as investment vehicle has low risk and high return, as a result.

Basqiat and Banksy can be seen as scarcity and global valuable art. 

SEIZAN GALLERY NEW YORK

  • ホワイトFacebookのアイコン
  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン
本社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-14-16 銀座アビタシオン1階 
TEL:03-3546-7356 FAX:03-3546-7357
​ニューヨーク支店:521 W 26TH ST NEW YORK, NY 10001 
TEL:917-409-0699
© 2019 ART JAPAN